プログラマがまず覚えるべき言語

雑記プログラマ, 言語, 雑記

JavaScript

プログラマがまず覚えるべき言語

みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

バックエンド、フロントエンドで活躍の場がある「Java」?

未だに仕事の絶えない「VB.NET」?

移行案件でお目にかかる、古き(良き?)「COBOL」?

 

おぼえるべき言語、それは……

個人的には、「英語」です。

今では、日本国内のQAサイトや個人サイトの充実により、

各言語における「実装」で、困ることの多くは解決できます。

では、なぜ「英語」を覚えるべきなのでしょうか?

 

英語を覚えるべき理由

1.言語、フレームワーク、ライブラリやベンダーの公式サイトが英語だから。

2.日本語のQAサイトに比べて、英語のQAサイトの方が、有用な情報が得られるから。

3.仕事で組むプログラムの中には、「コメント:英語」が規約になっていることがある。

4.オフショアなどによる多国籍プロジェクトで戸惑わない。

 

公式サイトが英語

英語が分からないと「ライセンス」周りで痛い目を見ます。

GPLv3とか、MITなんて明示されていれば良いのですが、

マルチライセンスで、あーだこーだ書かれていると、嫌になります。

 

有用なサイトは英語

AngularJSの勉強をしたときに、日本語のサイトが少ないと感じました。

調べ方が悪かったのかもしれません。

当時、「やりたいこと」にたどり着くには、英語が必須と言っても過言では無いです。

 

コメントが英語限定

プロジェクトによっては、コーディング規約で制約が入っていることがあります。

非常にまれですが、かなり厄介でした。

でも、よくあるイライラコメントは少なかった印象です。

※イライラコメントは、別の機会に。

 

多国籍プロジェクトで生き抜く

インド人、中国人、日本人と多国籍プロジェクトでは、

オフショア元の日本語を、他国籍の方が話してくれるのが一般的。

「日本語」は難しい言語なのか、「英語」は出来るが

「日本語」は出来ない。という方が多いです。

※もっと言うなら、「日本語」は読み書きできるけど、

 「日本語」を話すことができない。という人も多い。

窓口になっている方は、日本語がカタコトだけど話せる人だが、

実際に、作業をしている人は「母国語+英語」が多い。

進捗確認も、自分~窓口~作業者という段階を踏む必要がでます。

 

最後に

個人的な意見ですが、

英語は「良い言語」という訳ではなく、「覚えるべき言語」の認識です。

制約が無ければ、コメントは日本語で書きたいし、

オフショア元の日本語に長けた人が、会議の場にでて欲しい。

というのが、本音です――。

 

JavaとかJavaScriptとかの言語系の話じゃないのか…。

と、落胆された方もおられたかと思います。

少しだけ補足するのであれば、

これから新たにプログラムを勉強するとしたら、

「Java」と「JavaScript」をお勧めします。

その話は、また別の機会に。

スポンサーリンク

雑記プログラマ, 言語, 雑記