【HTML】hrefの読み方も含めて優しく解説

HTML技術知識, 読み方

JavaScript

aタグの href の意味は?

HTMLを勉強したら、すぐに出てくるおなじみのタグ aタグ。

href はaタグで利用する属性です。

idとか、nameと同じ類と考えてOKです。

href は、 「hypertext reference」(ハイパーテキスト リファレンス)の略です。

 

href 属性に指定したパスについて、

ハイパーテキストとして関連付けるよ。【リンクを貼るよ。】

という意味になります。

 

hypertext超テキスト って、どういう意味だよ!

ってのは、別の機会に説明できればと思います。

 

href の読み方

hrefの読み方は、2通りです。

1.エイチレフ

2.ハイレフ

※リファレンスなのに、レファじゃない。

 

ちなみに、私は「エイチレフ」派。

同じ職場の人には、「ハイレフ」って呼ぶ人もいる。

これは勉強に使った書籍とか、参考にしたWebサイトによって

変わるものですが、

上の2つなら、伝わります。

少なくても、「ハーフ」とか「ハレフ」みたいな事を言って、

ぽかーん( ゚д゚)

とは、ならないでしょう。

 

ちなみに、aタグの利用方法は、以下みたいな感じ。

<a href="target.html">リンク文字列</a>

最後に

aタグは、

エータグでも、

アンカタグでも通じます。

ただ、アータグと言われたら、

やはり、

ぽかーん( ゚д゚)

となるかもしれません。

スポンサーリンク

HTML技術知識, 読み方