Excelアドインを登録する方法

Excelプログラマ, 作業方法, 技術知識, 開発環境

JavaScript

何のためにアドインを登録するの?

アドインファイルは、Excel起動中にダブルクリックでも利用することが可能です。

しかしながら、Excelを再起動するとアドインも再度、起動が必要になります。

 

毎度、毎度、アドインをダブルクリックするのはナンセンスなので、

登録(=Excelの起動時にアドインも自動読込み)しましょう。

 

Excelアドイン登録方法

1.まず、Excelを起動しましょう。

「(左上の)ファイル」→「(左側)オプション」をクリックしましょう。

※画像は「新規作成」が選ばれています!

excel-addins-00

 

2.新たにウィンドウが開きますので、

「(左側)アドイン」をクリックしましょう。

excel-addins-01

 

3.ウィンドウの下部にある、「設定(G)…」を押してください。

excel-addins-02

 

4.「参照(B)…」を押して下さい。

※既に登録したいアドインがあれば、「チェック」を入れてください。

excel-addins-03

 

5.登録したいアドインファイル(xlaまたは、xlam)を選び、「OK」を押しましょう。

※エクセルが起動する時に、選んだファイルを探しに来ます。

 アドインファイルを移動すると、再度、この手順でアドイン登録が必要になります!

 (移動しない限り、この設定はアドイン1ファイルに対して1回だけでOKです!)

excel-addins-04

 

6.追加したアドインの「チェック」を入れて、

「OK」を押して【登録完了】です。

excel-addins-05

 

最後に

Excelのアドイン追加は、Excelを自分色に染めるカスタマイズであり、

他の人と差をつける改造(パワーアップ)なのです!

※職場の何人かでアドインを交換すると、かなりの作業効率UPになります。

 

アドインは、マクロ有効ブックとは異なり、

「複数のブック、色々なブック」に対して、

「同じ操作」をする場合に大きな効果を発揮します。

「毎回、毎回、この操作やってるなー。」と思ったら、

それは、アドインにできるかも知れませんよ?

 

無料で、Excelをパワーアップできる上に、何より楽ができる。

アドインに、少しでも興味をもってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク